スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
松本城の裏話
松本城にて


国宝松本城について
松本城といえば、別名「烏城」ともいわれる真っ黒な外観が特徴的です。世界遺産である姫路城ほどの豪華さはありませんが、しぶさを好む、玄人のファンが多いことでも知られています。

この城は、戦国時代に、武田信玄の家来がつくり、武田家が滅びたあとは、木曾義昌が城主となりました。さらに信長が本能寺で亡くなってからは、いろいろありまして、最終的に、石川数正が今の国宝松本城の原型をつくりました。

と、まぁここまではいろいろな資料にも書いてあるのでいいとして、この城にまつわる裏話を書きましょう。

写真のような立派な外観で有名な松本城ですが、昭和25年の解体修理が行われるまで、西に傾いていたそうです。この理由として有名な言い伝えがあります。

度重なる凶作によって、当時の松本藩は大幅な年貢増徴をおこないました。それに怒った農民たちは一揆をおこしました。藩はせこいもので、一度農民たちの要求をのんで、一揆がおさまったら、その首謀者たちを断罪しました。結果、打ち首や獄門などの処罰がされました。

そして首謀者である加助というものが、磔(はりつけ)になったとき、「殺されても要求は実行する!」とすさまじい声で叫んだそうです。その怨念で地震がおこり、天守閣が西に傾いたと伝えられています。

実際は傾きが起こったのは、この加助騒動よりもかなり前からだそうです。本当は、藩の財政が火の車でして、天守閣を修理出来ず、土台が腐食してどんどん傾いていったというものでした。

松本藩としては、財政赤字で・・というよりは、怨念によって。といった方が格好がついたのでしょう。

結局、明治に入ってからもそのまんまでして、修復されたのは、昭和25年ということですから、約270年もそのままで建っていたというのが、驚きですね。






スポンサーサイト
【2005/08/13 12:52】 お城 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ロボトミー | ホーム | お城>>
コメント
いいねぇ~!
いい感じで城好きがぶり返してるじゃないですかO(≧.≦)O
しかも俺にはリアルタイムだからこの城シリーズすごくいいよ。
面白い!!
【2005/08/15 02:28】 URL | King Kazu #-[ 編集]
Kingさんありがとう~!!
Kingさんだけだよ、いいっていってくれるの(笑)
城シリーズ第二弾UPしたからみてくださいね~☆
【2005/08/19 14:06】 URL | okura #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://okuratabihito.blog16.fc2.com/tb.php/20-5d89d6dc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。