スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こういうものに私はなりたい
ザ・リッツ・カールトンホテル



ザ・リッツ・カールトンホテルをご存じでしょうか?
久々の更新です。

私は最近すごく悩んでいました。来年の1月から、お医者さんと組んで、カイロ治療院を開くこととなったからです。

経営などをやったこともないし、まだまだ必要ないと思っていた私が、ひょんなことから、経営に携わることとなったのですから、おめでたい反面、とっても困った気持ちになりました。

決まっているのは「統合医療」を行うということだけ。
治療院の値段設定や、治療対象者、さらにはどのような治療方針で行っていくか、パンフレットは?イメージカラーは?などなど曖昧な部分だらけです。

よく考えたら当たり前です。なんせ一番大事な治療理念がハッキリしていませんから、どうにも前に進めないのです。

出資している会社が、すべてを私に任せてくれているおかげで、悩みだらけになりました。


そこで、私の尊敬する先輩に相談したところ、先輩は一つの本を手渡してくれました。
リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間
と言う本です。

「とにかく読め。おまえに足りないものが沢山書いてある」

そう言われた私は、言われたとおり読んでみました。
そしたら・・言われたとおりでした。。。

こんな医院が作りたい!読み終わった感想です。

たとえば、リッツカールトンホテルは従業員1人1人の教育を徹底しています。でも、それは教え込むのではなく、自分で考え、気がついて覚えるものです。そして、その環境を作りだしてあげるのが、リッツ・カールトンの役目なのです。

私はなぜこの開業の話しを受けたのでしょうか?もう一度自分に問いかけてみました。それは、患者さんにとって最良の治療を選べるシステムに共感したこともありますが、いままで先輩方、先生方にお世話になった分、後輩に少しでも還元出来たらという気持ちを思い出しました。

リッツ・カールトンのような、患者さんもDrも幸せになれる環境がつくれたら・・。目標は決まりました。あとは、それに向かって進むだけです。


後日、先輩に読んだ感想をメールしました。
すると返信で

「今のおまえに必要な(隠れた)メッセージ?が、まだまだあるよ。考えてー」
と言われました。


・・・う~ん。まだまだです。






スポンサーサイト
【2005/10/04 21:14】 今日のひとこと | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<芸術は爆発だ | ホーム | 絞扼障害について>>
コメント
すばらしいっす!是非先駆者として柴田さんなりの治療院を作って下さい!
でかわいい後輩のめんどうもみて~(笑)
【2005/10/05 19:13】 URL | #-[ 編集]
あ、いつも首かしげながら、頑張ってるね!

わたしのアイディアも、たまには採用してみて下さいよ!

Hospital(病院)とHotel(ホテル)の語源は何か、まず知っておくと良いでしょうね!
【2005/10/06 00:01】 URL | koguma #-[ 編集]
Kogumaさん、お久しぶりです。
いつもブログを読んで「ふむふむ」と思っていますよ。(*^-^*)

ホスピタルとホテルの語源は、ともにホスピタリティ(Hospitality)ですね。

ホスピタリティとは、思いやりや親切心、心からのおもてなしという意味です。

それでも、リッツカールトンはなお、自社をホテル産業と呼ばず、ホスピタリティ産業と呼んでいます。

おそらく、ホテルに来たお客様だけでなく、すべての人に対して、進んでホスピタリティを行いたいと思っているからではないでしょうか。

しかし、カイロプラクティックも完全なホスピタリティ産業になるべきなのでしょうか?「患者様」になるべきなのでしょうか?

おそらく、なるべきではないのでしょうね。これに関しても、またブログで書きたいと思います。
【2005/10/06 18:03】 URL | okura #-[ 編集]
そういえば・・・二代目!
きちんと名前を書くように(笑)
【2005/10/06 18:05】 URL | okura #-[ 編集]
オクラくん、大変よくできました!

その昔、ホテルとホスピタルが一緒だったのは、意義深いですねぇ。

何でもそうかもしれませんが、リアルなものが問われますよね。リアル・ホスピタリティって何でしょう?! 患者さんは、全身が“眼”ですからね。ごまかしは、バレるものです。

時代が変われば、医療の姿も変わるものです。古代ギリシャでは、野外劇場と、神殿と、治療所とが、自然の中に隣接していたようです。芸術と医療と自然とが混在! ギリシャ人にはかないませんね。
【2005/10/08 01:03】 URL | koguma #-[ 編集]
はい、気を付けます m(_ _)m
でも2代目はまだ襲名してない
ような・・・というか予定も・・・
(笑)
【2005/10/08 23:43】 URL | K.K #-[ 編集]
Kogumaさんの言うとおりでしょう。居酒屋の定員さんの大きな挨拶が心に響かないよう、マニュアル化されたモノはすぐに見破られてしまいます。

そうならないよう心がけなければいけませんよね。

二代目。KKってなんですか!?カトゥーンでしょ?(笑)
【2005/10/10 18:30】 URL | okura #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://okuratabihito.blog16.fc2.com/tb.php/39-42757416
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。