スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ゴルフとカイロプラクティック
ゴルフ


ゴルフとカイロプラクティックについて
外来にいらっしゃる男性患者のほとんどが、ゴルフを趣味としています。とくに、私の患者は自由な時間をもてる人が多いので、週に2・3回ぐらいのペースで行っている人もいます。

そういう患者は決まって利き腕と逆の頸部の痛みを訴えています。どうしてでしょうか?

少し興味をもったので、ゴルフ疾患について調べてみました。

調べていくうちに、ゴルフは想像以上に、体を酷使するスポーツであることがわかりました。

内側・外側上顆炎、肋骨の疲労骨折、股関節痛・・などいろいろな疾患がありますが、興味深いものに「第7頚椎疲労骨折」というものがありました。
そこで今日は、第7頚椎(隆椎)疲労骨折について話たいと思います。

まずは上の画像をみてください。
ゴルフはスイングから、球を打つ状態(インパクトといいます)まで、頭部を固定します。

この時、軸となるのが、頚胸移行部と言われる第7頚椎(隆椎)なのです。
ここにはいくつかの筋肉が着いていますから、首と体とのねじれが起こると、この骨に負荷がかかり、疲労骨折が起こること場合もあるそうです。

そう考えると、治療方法を考えなければいけませんよね。
ここからは専門用語になりますが・・・たとえば、benchTMやガンステッドテクニックなど、SPコンタクトを避ける必要があるかもしれません。。

自分がやりやすいテクニックを選ぶのではなく、患者の状態にあわせたテクニックを使用する。当たり前のことですが、それを見極めるのは難しいことです。

こういうことを考えながら治療していると、臨床が楽しくなってきます。もっともっと勉強して、知識ではない「知恵」を身につけて行きたいと思う、今日この頃でした。。。



画像:身体の仕組みからの考察― 村田 久
(日本ゴルフ学会誌「ゴルフの科学」Vol.13, No.3 December 2000より)

スポンサーサイト
【2005/07/25 21:29】 カイロプラクティック | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<ゴルフとカイロプラクティック 2 | ホーム | ぼん きゅ!? ぼん>>
コメント
ゴルフと聞くと、やはり腰椎や胸椎から腰椎への移行部の負担を第一に考えがちだけど、その付着筋の多さから考えて、頚椎への負担は大きそう。非常に興味深いと思います。
タイガーウッズのスイングを見てると・・・うわぁ・・今、肩がすごく回ったなぁ・・すごいなぁ・・・と感心するばかりですが(笑)。
【2005/07/26 05:39】 URL | Swing #L8AeYI2M[ 編集]
ゴルフって、うまい人が行うと見ててすごいと思うし、簡単そうだなぁ。。と思いますが、実際にやってみると、こんな体に悪いスポーツは無いんじゃないか?と思うような負荷がかかりますよね。
やっぱり、どんな運動も基礎が大切ですね。うん。
【2005/07/27 00:01】 URL | okura #-[ 編集]
はじめまして。そしていつもお世話になっています。
C7疲労骨折は非常に興味深いです。
で、どこが骨折するのでしょうか?
文面からすると棘突起っぽいけど・・・
よければ教えて下さい。

あと、痛風の資料送ってください。
【2005/07/27 11:58】 URL | きりん #-[ 編集]
きりんさんこんにちは。
なぜ、きりんさんなんですか?もしかして首が・・・だから??失礼しました。

疲労骨折についてもう少し詳しく書きます。
骨折部位はC7棘突起だそうです。
詳しくは書かれていないのですが、おそらく、体幹をひねったときの負荷が、菱形筋や中部僧帽筋の着いている項靭帯にかかるため、反復したスイングでなるのではないでしょうか?

他に考えられることがありましたら教えてください。(・o・)
【2005/07/27 17:38】 URL | okura #-[ 編集]
棘突起ですか・・・すごいですね。
ゴルフのスイングがわかりませんが、
体幹の回旋のカップリングで
全ての棘突起は動こうとする
回旋モーメントが働くはずです。
そのモーメント力が、
可動域が大きくて不安定な頚椎に
突然変化するわけですから障害が
起こりやすいのではないでしょうか。
頭板状筋や頚板状筋の付着部なら
中部胸椎に一番働きそうですが、
構造的弱さが原因のような気がします。
よくわからないので想像ですが・・・
【2005/07/27 23:14】 URL | きりん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://okuratabihito.blog16.fc2.com/tb.php/9-bc81dbfd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。